乏精子症の原因

  • 2009/06/18(木) 22:55:31

精液中に精子の数が少ない状態のことを乏精子症といわれます。この乏精子症の8割近くは、実は原因不明なのです。

しかし、あきらかに乏精子症の原因と分かっていて治療が可能である病気があります。それが、精索静脈瘤といわれる病気です。

精索静脈瘤は、睾丸の周りに静脈瘤という血管の束ができて睾丸の温度を上げてしまい、精子の数が減ってしまうことです。通常、人間の体温は36〜37℃くらいですが、精子が最も効率よく作られる温度は34〜35℃とされています。精索静脈瘤は治療によって治すことができます。


男性不妊症の原因と検査について
男性不妊症を改善しましょう
男性不妊症の原因と検査・治療方法
男性不妊症の原因や検査について